会社案内

代表の挨拶

代表取締役・清水三希夫

スキューズは1997年の創業以来、FA事業における制御ソフトウェアづくりを通じて、各地の工場の生産自動化に寄与してきました。

その取り組みの過程では、エンドユーザ様からものづくりの現場で設備を立ち上げる経験を積む機会を与えていただき、顧客であるメーカ様には、制御のお仕事を通じて成長を育んでいただきました。

これからもエンジニアリングを通じてお客様の事業の発展に貢献し、その発展に自社の成長を重ね合わせるという姿勢を忘れず、経営に邁進する所存です。

制御ソフトを作成し、お客様の生産ラインを稼働させる。生産現場で得た着想をロボットハンドに結実させ、新たな製品事業に着手する。

そして既存事業をベースに、それに相乗効果をもたらす新規事業を立ち上げる――

こうした弊社の取り組みは、さまざまな“つながり”に支えられ、そして新たな“つながり”を生んできました。

ソフトと機械のつながり、人と機械のつながり、社員と会社のつながり、社会と会社のつながり、FAとロボットのつながり、既存事業と新規事業のつながり――

これらのつながりをより強固にするために、今後もさまざまな取り組みを行ない、完了させ、また新たな取り組みを始めてまいります。

そして、行動と完了、熟慮と決断の連鎖、すなわちシーケンシャル・マネージメントを持続させることこそが、最も大切なつながり――お客様やパートナー様の発展と、スキューズの成長とのつながり――を、確かな連鎖にするものと、確信しています。

お問い合わせは此方から